現在、日本でのストレスによる心の病の推定患者数は、約300万人といわれており、7割を超える企業で「心の病」を抱える社員が近年増加傾向にあることがわかっています。
また、先進国の中でもトップの自殺率で、9年連続で年間約3万人の自殺者が出ており、そのうち約9割がうつ状態にあったとされています。
今後は、ストレスをいかにうまく対処できるかどうかで「クオリティ・オブ・ライフ」(生活の質)が決まってくるといっても過言ではありません。このような状況を ふまえ、健康維持・増進、生きがい発見、目標達成力の強化、潜在脳力の開発、人間関係の改善など を目的に「SATメンタル・ヘルス・プログラム」が開発されました。
「SAT」(Structured Association Technique)とは、「こう問いかければ、脳はこう働く」という脳のメカニズムにより、右脳活動のひらめきや連想、直感を活用するイメージ療法です。
最新の認知科学・脳科学・免疫学・遺伝子工学などの臨床研究による科学的根拠をふまえ、うつ病やがんなどの治療に使用され、その有効性が実証されています。 また、スポーツ指導や教育現場、結婚カウンセリングやキャリアカウンセリングなど、メンタル面の強化やコミュニケーションの向上においても、素晴らしい効果を上げています。
監修者:宗像恒次(むなかたつねつぐ)
保健学博士[東京大学大学院医学系研究科]
セラピーを受ける患者やクライアントが心身の問題を自らの成長のエネルギーへ変えていくことができる「SAT療法」と呼ばれる独自の開発技法によるイメージ療法を確立する。またそれにもとづいて心と免疫と遺伝子発現の関連を世界に先がけ研究している。
推薦者:帯津良一(おびつりょういち)
医学博士[帯津三敬病院名誉院長]
私は、長きに渡って西洋医学、中国医学、代替療法の長所を統合した治療を行う「ホリスティック医学」の研究と臨床を行ってきました。そして、その一つとして行っているのがSAT療法です。

SATメンタル・ヘルス・プログラムの疑問質問にお答えします
「SAT」(Structured Association Technique)とは、「こう問いかければ、脳はこう働く」という脳のメカニズムにより、右脳活動のひらめきや連想、直感を活用するイメージ療法です。 さらにSATの概要や商品構成について詳しくご説明いたします。