Q1 人が頭の中で想像したイメージ(想像イメージ)を持つとき、脳内では神経細胞が次々とシナプスでつながり合い、そのイメージを情報として海馬に一時、記憶します。だから少し前に想像したことを思い出せるのです。頭の中で想像したイメージではなく、実際に何かを体験しているときの知覚イメージでも、脳内ではこれと同じ現象が起きています。イメージというのは、頭の中で想像したことだけでなく、実際に体験していることも、実はイメージなのです。
このことから、想像イメージは、実際に体験したことと同じくらいの影響力を心に対して持っていることがわかります。「SATイメージ療法」は、脳の持つこの機能を活用します。
「SATイメージ療法」によって、想像イメージ上で経験したことは、実体験と同じように、あなたの心に影響を与え、あなたを変えていきます。想像イメージの世界で、養育者に無条件に愛され、あるがままの自分を愛し、自分の持っている力や才能をフルに発揮している本来の自分をつくり上げれば、脳はその姿を記憶します。そして、その姿に近づくための行動へとあなたを動かすのです。