※成果には個人差があります。
※下記は「SAT」(SATイメージ療法、SATソーシャル・スキルを含むイメージ療法)を行った結果、寄せられた体験談です。

佐藤康夫(仮名)・35 歳・教員
生徒や父兄ことで問題を抱え、ストレスをためていた私は、家に帰ってもイライラして家族に当たり、自己嫌悪を感じて いました。そこで、何とかしたいと、SATによる自己カウンセリングを行うことにしたのです。自己カウンセリングを続 ける中で、自己イメージに「寂しさ」という感情があることや、その感情の背景には自分を理解してもらいたいという期 待があることがわかりました。
これまでは、生徒や父兄に自分の考えをわかってもらえないとイライラが先に立って、じっくり伝えるためのアプローチ ができなくなっていました。しかし、自己カウンセリングによって、気持ちが伝わるように進めることが大切だと気づいた のです。自己理解ができたことは、今後、生徒や父兄の気持ちを理解するための、よいきっかけとなりました。

秋山房子(仮名)・63 歳・うつ病患者の妻
夫のうつ病の治療のために、宗像先生(監修者)を訪ねたところ、うつ病の治療には、そばにいる人の「揺るぎのない 愛」が大切だという話を聞きました。しかしながら、私は夫を責める気持ちを捨てられずにいたのです。なぜなら、第 一子を切迫流産するほど、つらかったときに助けてくれなかった夫をずっと恨んでいたからです。
そこで、夫ではなく、私がSATイメージ療法を行うことになりました。SATイメージ療法は、患者本人ではなく、 患者に近しい人にまず行う場合もあるということです。その結果、流産した子に対する罪悪感や、それを原因とした潜在恐怖を解消でき、夫に 対しても、温かい気持ちを持てるようになりました。そして、夫を「揺るぎのない愛」で支えていくことにしたのです。 夫はSATイメージ療法を行っていませんが、私の接し方が変わったことで、うつ症状も消えていきました。

山田一郎(仮名)・28 歳・プロゴルファー
プレー中にさまざまな不安が頭をよぎり、そのためにプレーに集中できなかった私は、プレー中の心理的なストレスを 取り除くために、未来自己イメージ法を中心としたSATイメージ療法に取り組みました。このイメージ法を行うことで、 私は凛とした自信のある本来の自分を認識することができました。そして、その本来の自分を取り戻すために、人間関 係などストレス要因として作用しているイメージを一つずつ修正していったのです。
その後、私はプレーに集中できるようになりました。そして、SATイメージ療法を行った年、これまで30 〜 50 位を行っ たりきたりしていた「チャレンジ賞金ランキング」で5 位になることができたのです。

佐藤俊之(仮名)・52 歳・会社員
胃がん、下咽頭がんの手術後のケアの、代替医療としてSATイメージ療法を行いました。胃がんの抑制遺伝子は、 まったく見通しが立たない中で頑張らざるを得ないとき、発現が抑制されるそうです。そのため、SATイメージ療法 で何に対して見通しが立たないと感じているかを明確にし、解決することにしました。
心の奥底に隠し持った自信の無さに気づいた私は、自信のある自分へと自己イメージを変えました。 そして、気持ちを自由に表せるようになったのです。 さらに、出世よりも自分が満足できる仕事をするという発想に切り替えることができ、将来への見通しが改善され ました。SATイメージ療法のおかげで、私のがん抑制遺伝子の数値は、5倍以上に急上昇しました。
※成果には個人差があります。